節分豆まき

撮影日2月3日

節分豆まき大会がおこなわれました。

「鬼は外、福は内」の大きな掛け声とともに患者様が鬼にむかって
豆を投げている姿は凄く楽しそうでした。

      本館2階病棟                                 3階病棟

      

         新2病棟         職員が鬼の役をやりました。
 
      

お昼の食事も行事食でしたので記念に撮りました。(笑)
天ぷら・・・・凄く美味しそうですね(笑)

     
   


新病棟完成

21日いよいよ新病棟オープ。



1階4床室



個室病棟



浴槽





記念撮影

撮影日22.1.26

熊谷組さんと工事完了した記念に皆で記念撮影をしま
した。

1枚目の写真は熊谷組さんとの撮影



2枚目の写真は、設計士さんとの撮影




熊谷組営業部課長さんに写真を撮って頂きました
ので、最後に花束のとこ
ろで記念撮影をしました。




設計竣工検査 

撮影日 22.1.23

午後13時より設計士の方々による最終確認検査が行われ
ました。

細かいところまで確認をしている姿は、さすが1級建築士
の先生ですね。





 


都保健局検査

撮影日22.1.22

消防検査、建築完了検査が終わり、いよいよ本日10時より
都保健局による検査が始まりました。

緊張しますね・・・・・。

保健局の方は図面を見ながら下記のことを確認していまし
た。

病室

一般病室、保護室、合併症病室があるか・・・・。

患者の生活的施設

デイルーム、食堂、配膳室、浴室、便所、洗面所、足洗
場、患者用洗濯室及び物干場、面会室、患者私物格納庫、
窓の開放制限など。

診療及び看護関係施設

診療室、処置室、看護員室、看護員仮眠室、汚物処理室、
職員便所、リネン室等






病院内を全部確認した後に保健局の方から特に指摘事項
なしというお言葉を頂き無事に検査終了しました。





良かったです。







 


建築、エレベーター完了検査

撮影日22.1.21
建物が完成したときに、その建物が建築基準法と
関連規定に適合しているかどうかを調べる検査で、
建築確認を受けた建物の工事が完了した日から4
以内に、建築主は建築主事または指定確認検査機関
に完了検査申請書を提出することになっているよう
です。建築主事または指定確認検査機関は、完了検
査申請書を受理した日から7日以内に、建物が建築
基準法や関連規定に適合しているか検査し、適合し
ている場合は建築主に検査済証を交付することにな
ります。
建築基準法に適しているか検査員の方が
寸法を測り、図面を見ながら、さまざまな個所を
確認していました。

1枚目の写真は書類のチェックをしています。



2枚目の写真はエレベーターの確認をしています。



3枚目は建物の最高高さをスチールテープにて確認
しているところです。



特に検査員からは、指摘事項なしということで無事に
終了しました。

熊谷組の皆様、お疲れさまでした。




外壁館銘看板取り付け工事

撮影日22.1.20

高所作業車による看板取り付け工事が始まりました。



正面玄関の横でも同じ作業が始まっていました。




無事に取り付け工事も終わり、凄く奇麗な看板が取り
付けられました。








消防完了検査

撮影日22.1.18

930分より東久留米消防本部予防課による検査が行われ
ました。

消防検査というのは工事などで消防設備を新設・改修した
場合に最終検査として消防が立ち会って機能検査をするこ
とです。

そこで、不具合がある場合や指摘事項がある場合は、検査
済証が交付されません。これが交付されないと建物の使用
自体が違法行為となるようです。

怖いですね〜・・・・。




検査項目:防火対象物使用開始届、自動火災報知設備、
消化器、非常警報設備、誘導灯、消防機関に通報する
火災報知設備、電気設備設置届出書を確認し
10
時過ぎ
には結果報告されました。

特に指摘事項なしということで無事に終了しました。

良かったです・・・(笑)


                

 


職員による病棟見学

撮影日21.1.16 

午後230分から職員による最終チェックが行われました。

まずスタッフステーションの説明から始まりました。

ここでは、スタッフステーション内にある監視モニター、
暖房機器、消防用設備機器の説明がありました。



3枚目の写真は2Fデイルーム

スタッフの方々が使用方法について最終的な確認をして
いました。



新病棟に勤務されるスタッフからも特に追加等もなく
最終見学会も無事に終わりました。


駐車場アスファルト舗装工事

駐車場アスファルト舗装工事 22.1.16

始めに道路の基面となる路床を作るようです。
ロードローラーおよびタイヤローラーで転圧するという
のが、一般的な施工手順ということが調べて解りました。

敷均し、厚さは、余盛量1520%だそうで、敷均しが終わ
ったら、ローラーで継目、初期転圧、二次転圧、仕上げ転圧
の順に締固めを行っていくようです。




老朽化していた第2病棟の駐車場も舗装され、こんなに
奇麗になりました。




<< | 2/7PAGES | >>