3F屋上防水工事

撮影日:21.12.1

シンダーコンの意味を聞いてみましたが、難しかったので色々自分で調べてみました。

シンダーコン打設とは防水の押さえに使うコンクリートの
ことだそう
で、昔はシンダーコンクリート(軽量化の為に
砂利のかわりに炭殻を混ぜた物)というものがあり、人工
軽量骨材を使った軽量コンクリートが主流となり現在は使
われなくなったようです。

現在は防水押さえとしては普通のコンクリートを使うのが
一般的だそうです。

昔のなごりで、防水押さえのコンクリートのことを「シン
ダーコン」と呼んでいるそうです。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック