外壁超高圧洗浄

撮影日21.11.13

タイル張り施工前に躯体面を、超高圧洗浄機の水圧で
疵をつけることで粗面化し、モルタルとの接着力を
高めタイル剥離防止をする作業だそうです。

見ていると面白そうで、やってみたくなりますね。(笑)



工事が終了した部分。
コンクリートの壁が水圧で、こんなにも削れるものなんで
すね・・・(笑)



モルタルとは、セメントあるいは石灰と砂とを混ぜて水で練った素材のこと。砂利の入ったコンクリートと区別される。一般にはセメントモルタルのことをさす。レンガやコンクリートブロックの目地を埋めて接着層としたり、外壁に塗ったり、土間仕上げいとして使われるほか、石やタイル張りの下地にも使われる。施工しやすく、コストが安く、また防火性能があるので一般によく用いられている。収縮性が高く、広い面積を塗る場合、目地を設けないと収縮亀裂が発生する欠点がある。また、アスファルト舗装でいうモルタルは、2 mm以下程度の砂とアスファルトを練ったもの。セメントモルタルではなく、区別するためにアスファルトモルタルといわれる。

                                    建築用語集:モルタル「引用」


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック