スラブコンクリート打設作業

いよいよ1階立より2階スラブコンクリート打設作業

現場監督さんにお願いをして打設作業をしている
ところを
撮らせて頂きました。


基礎・地中梁コンクリート打設

最初は、地中梁内を一巡してから、次に、スラブ
まで
上げるようです。

めんどうでも一気に上まで打ってしまわないのは、
型枠に
偏圧がかかってパンクさせないためだそうです。

これだけのコンクリートが型枠内に入るということは

硬化するまでは水の入ったプールのようなもので、
相当な
圧がかかるようです。

そして、何とかパンクせずに打ち終えたからといって
終わり
ではないそうで、水糸を張って通りを確認し、
はらんでいた
ら直さなければないようです。

聞いているだけで凄く作業工程が複雑で頭がパンク
しそうになってきました・・・・・。



これで、打設が終了。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック